海外進出
支援部門

海外進出・海外展開実績

クライアント:株式会社みどり工学研究所/JICA

多目的ダム管理の効率化等にむけたリアルタイム監視システム(SESAME)普及・実証事業

期間

2013年9月~2014年3月(案件化調査)、2015年6月~2017年11月(普及・実証事業)

インドネシア

案件分野

公的資金による開発途上国への進出支援

クライアントの声

「ひょんなことからJICA中小企業海外展開事業があることを知り、KMCさんを紹介されました。驚いたことに、KMCの岡部さんは、私の大学の後輩でもありヨット部の後輩でもあり、運命的なものを感じました。実際に事業を実施していくと、JICAに提出する書類の整理や報告書のロジックの展開など、まあ大変。海外カウンターパートとの協議や連絡、アポ取りなども含めてしっかり支援してもらっています。」(みどり工学研究所CEO繁永)

詳細内容

札幌市にある株式会社みどり工学研究所様は、河川水位や気象情報などフィールドデータをリアルタイムで収集し、それを携帯電話網に乗せてクラウドサーバーに自動転送する「SESAMEシステム」を開発しました。

当社は、案件化調査、その後の普及・実証事業と二つのJICA中小企業支援スキームを通じて、企画書の作成から市場調査、販売戦略の策定、事業の運営管理まで幅広くご支援させて頂きました。同社の進出先はインドネシア、同国で協働する政府関連機関は、BPPT(新しい技術の適用可能性を検証する「技術評価応用庁」)とPJT II(同国で最大のジャティルフールダムを含め流域の管理を担う国営企業)です。

広大な地域から人手をかけずにデータを正確に収集し、遠隔地まですばやく伝送できるこのシステムは、安価でかつ維持管理も容易であることから、案件化調査を通じて、他の機関や民間企業でも大きな需要があることがわかり、同社独自の販売・維持管理体制を構築していくことになりました。⇒JICAプレスリリースへ

image4

そのほかの海外進出支援部門
国際ビジネス支援部実績