タスクフォース

タスクフォース

5つの重要な課題について社内タスクフォースを形成し、全社的に取り組んでいます。

栄養タスクフォース

現在世界では、約9人に1人が飢餓または低栄養の状態にある一方で、過体重・肥満などの過栄養の人々も増加しています。低栄養、過栄養など栄養不良の問題は複合的な要因によって生じており、その改善のためには、保健、農業・食料、水・衛生、教育など様々な分野における取組みが必要です。
当社では、栄養改善に関する情報収集と分析、そうした情報の発信、途上国における取組みなど、数々の栄養改善分野のプロジェクトに関わっています。当タスクフォースでは、栄養改善に関連した既存の取組みの情報収集や分析に加え、プロジェクト経験を蓄積、統合することで、同分野の調査分析力、提案力、実現力を社内横断的に強化することを目指しています。

gCo0waXQ
s-DSCN9738_2kai

マーケティングタスクフォース

近年、国際協力の世界でも、販売やマーケティングが支援の軸となるケースが増えてきています。
これまで当社では、地域特有の産物や農産物の販路開拓、観光マーケティング強化など、途上国マーケティングに関わる調査やプロジェクトに関わってきました。「途上国でのマーケティング支援」をテーマとした案件は、実施例は豊富にありながらも、未だに体系化されていないのが実情です。
当タスクフォースでは、理論のほか、私たちの現地での経験を蓄積、統合することで、マーケティングにかかる調査分析力、提案力、実現力を社内横断的に強化することを目指しています。

task_9
19_img_02

金融包摂タスクフォース

私たちが日々生活をする上でお金は欠かせないツールです。しかし未だに世界には、必要な時に必要なだけのお金を使うことができない貧困層、女性・若者、中小・零細規模の農家や企業が多く存在します。当社は、マイクロファイナンスや金融包摂(Financial Inclusion)をテーマとしたプロジェクトを通じて、人々の生活の向上や農家・企業の発展を支援しています。
しかし、マイクロファイナンスや金融包摂は、世の中の課題や潮流とともに常に変化を続けている分野です。当タスクフォースでは、マイクロファイナンス・金融包摂に関する実務のレベルアップと合わせて、世界の最新のトレンドをベースに、経験・知識を更新していくことを目指しています。

19_img_03
task_10

人材育成タスクフォース

人材育成タスクフォースでは、社員が自ら定めた「コンサルタントガイドライン」に沿って社員向け人材育成活動を行っています。開発コンサルタントに求められる専門知識や基礎技能、社会人としての素養を磨くために、チームビルディング、フィードバック、外部講師を招いてのリーダーシップ研修などのほか、若手コンサルタント育成制度も充実させています。年2 回実施している社員合宿では、より効果的なコンサルティングサービスが提供できるよう、社員同士が様々な視点から議論します。こうして、厳しくも温かい社風を大切に、社員同士が育ち、育てられる活動を推進しています。

19_img_03
task_10

ブランディングタスクフォース

私たち、かいはつマネジメント・コンサルティング(KMC)はいったいどんな会社なのか、そこで働く社員はどんな人物なのか?お客様をはじめとする社外の方々は、KMCをどのような会社だと認識しているのか?―
 世界中で多くの会社が既に「ブランド」として、社会から認識されています。たとえば、「お客様一人一人に寄り添ったサービスを提供する」、「他の人が持っていないことによって満足感を感じることができる商品をつくっている」というように、それぞれの会社が独自の価値をお客様に提供し、それを「ブランド」としてはっきりと感じて頂けるように努力しています。
 KMCでは、ブランドづくりのため、「途上国開発のプロフェッショナル」、「本質の追求」、「ともに歩むパートナー」の3つのキーワードを、あらゆる業務で実践していこうとしています。ブランディングタスクフォースは、皆様にKMCブランドを実感して頂けるよう、社員のこうした取組みを牽引する役目を担っています。

19_img_03
IMG_6051